放射能ハンター キャンピングカーでHAPPY CAR LIFE

今年は例年になく花がきれいに咲いているように感じます。

120504fumeinahana3.JPG


120504cherrysage2.JPG


120504taitsurisou3.JPG
(以上PENTAX istD + Tamron SP 60-300mm F3.8-5.4 23A)



ドイツZDF「放射能ハンター」 和訳全文
(「放射能メモ」より)

以下一部引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残念ながらエフゲンの結論は、希望を砕くものだった。

「僕は毎日たくさんの人々と話をし」
「原発から20キロのひどい汚染地域に行った」
「人々は重要な情報の多くを知らないことに気付いた」
「単純に知らされてないんだ」
「放射能の影響や危険についてあまりに知らな過ぎると思う」
「それは日本政府や環境省が幾つかの事実を無視をしているか」
「隠蔽しているからに違いない」
「上層部の責任者達がそうした基礎知識を持っていないとは思えないからだ」
「今回の調査を楽観的な結論で、締めくくりたいと望んできたが」
「肯定的な言葉が見つからない...」
「正直言ってただ呆然としている」

(スタジオ)
ただ想像を絶します。
日本政府は原子力利権という祭壇に、国民を生贄として捧げているのです。東電は長年に渡ってずさんな安全基準で通して来ました。
安全対策にもっと投資していれば、大事故は回避出来ていたかもしれないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまで。


人気blogランキングに参加しています。
応援してくれるとうれしいです。

キャンピングカーでHAPPY CAR LIFE

- スポンサードリンク -